« かばん | トップページ | かばん »

2008/10/10

「KYOKO」

Blog_3


ふしぎな出会いでした。


タイを旅している時知り合った旅人が、

旅のお供に、とくれた「KYOKO」。


たくさんの旅人のもとをめぐり巡ってきたのでしょう、

私のもとにきた時には、

ずいぶんくたくたになっていた。


タイにいる間は、気持ちのいい場所をみつけては読んだ。

日本に帰ってからも、何度も読み返す。

こんなに長い付き合いになるなんて、

思ってもいなかった。


日本にも帰りたくない、アメリカにもいたくない。

あの時、日本もアメリカも私には”現実”だった。


そして、逃げるように行ったタイ。

そこでどんな巡りあわせか、

私のもとにきた「KYOKO」。


初めてそれを手にした時の気持ちは、

もう思い出せない。

いろんなことに疲れていた私に、

KYOKOの凛とした姿は、どんな風に映ったんだろう。


この本に助けられたとは思っていないけれど、

その後、もう一度戦ってやろうと、

アメリカに戻ることができたのだから、

KYOKOのまっすぐな強さは、

きっと私の中に何かを残したのだと思う。


だから私はいまだにこの本を、

何度も何度も読み返しているのだと思います。


"途上にいて、しかもそれを楽しんでいる時、

わたしは未来を手にすることができる"(本文より)

|

« かばん | トップページ | かばん »

」カテゴリの記事

コメント

おでん、作りゆうかよ~?
私も、また食べとうなってきた。

深いねぇ~。
私も、気に入った本は、
何度も読み直すタイプ。
深さには、欠けるけども。。(^-^;
私も、『KYOKO』今度読んでみたいな。

投稿: canape | 2008/10/10 18:07

canaさん、

今日は朝からおでん作りよりました(笑)
「KYOKO」ぜひ読んでみてください。
淡々と過ぎていくお話ですが、
読んだ後、なんか清々しい気持ちになる本です。
何度も読み返そうと思える本ってなかなかないですよね。
今度canaさんのおススメ教えてください(^-^)

投稿: roomy | 2008/10/10 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1069819/23516883

この記事へのトラックバック一覧です: 「KYOKO」:

« かばん | トップページ | かばん »